スポンサードリンク

腰痛と手術

腰痛と言っても様々な種類があります。

例えば、椎間板ヘルニア、椎間板症、ぎっくり腰、 変形性腰椎症、

腰部脊柱管狭窄症、 術後性腰痛症候群、腰椎分離、辷り症等

他にも婦人科疾患によるものや脳血管疾患によるものなどもあり、

原因も症状も腰が痛いという事実以外様々です。

整形外科に行けば、すぐ手術という話になって来るんです。

やっぱり切った貼ったが信条ですから。

そして、術後痛みがなくなれば、成功ということで、治癒と言われ、

痛みが取れなければ、なかなか重い症状で、簡単にはいきません等と言われます。

さまざまな手術法が考えられ、危険性は昔に比べれば、格段に進歩しています。

しかし、どうも腑に落ちないのは何故でしょう。

痛みが無くなっても、現実的には治癒ではないからではないでしょうか。

そもそも腰痛の手術に治癒ってあるのでしょうか。

何故、腰痛になったのかという所は完全に置き去りにされ、

目の前の痛みを取る事だけにのみ話が進んでいる気がします。

結局手術は究極の対症療法ですから、原因は関係ないんですね。

私自信はやはり原因の究明とその原因を取り除くことこそが

医療だと思っていますし、腰痛治療の本質だと考えています。

もちろん手術を全否定するつもりはありません。

白黒言う前に手術をしなければならない状況も当然あるからです。

ただ本当に手術をする必要があるのかどうかを

きちんと見極めて欲しいのです。

《2010.9. 1 》

関連エントリー
スポンサードリンク
  

特設コンテンツ

サイトマップ   Top   運営者にメール   プライバシーポリシー
バイト