腰痛情報局トップページ > 腰痛について > 妊娠中の腰痛 > 妊娠中の腰痛対策法・予防法
スポンサードリンク

妊娠中の腰痛対策法・予防法

まず妊娠前、妊娠後ともに、なるべく体を動かし、血行不良を改善していくこと。

腰痛の発症や悪化には、腰を支える筋肉の血行不良が関係します。

その部分は筋肉の働きが悪くなり、腰部の筋肉疲労も回復しにくくなります。

ですから可能であれば、妊娠前から適度に体を動かし、

腰を支える筋肉の血流を良くしておき、疲労をためない状態にしておくのが第一の予防法です。

また、妊娠後もできるだけ運動不足にならないように体を動かし、

心もリラックスできるように心がけ、腰・背中の筋肉が緊張しにくい環境を

作ることをおすすめします。

病院で推奨しているような、妊婦さん用のサポートベルト・帯などもあります。

そういったアイテムを利用することで、関節の不安定性をサポートし、

腰痛予防や痛みが緩和するケースもあります。

ただし、サポートベルト類はあくまでも一時的なものと考えてください。

当たり前のように毎日やり続けると、体は筋肉が必要ないと判断して、

筋肉が弱くなってきてしまいますので注意が必要です。

トコちゃんベルト
プレママになったら...トコちゃんベルト

《2010.9.25 》

関連エントリー
スポンサードリンク
  

特設コンテンツ

サイトマップ   Top   運営者にメール   プライバシーポリシー
バイト