腰痛情報局トップページ > 腰痛について > 腰痛と足のしびれ > 腰部脊柱管狭窄症による足のしびれ
スポンサードリンク

腰部脊柱管狭窄症による足のしびれ

脊柱管とは背骨の中にある神経の通り道のことです。

腰部脊柱管狭窄症とは、その通り道が背骨の疲労骨折、椎間板の水分不足や

骨の変形などで狭くなり、背骨を通っている神経が圧迫され足先などに

しびれの症状があらわれる病です。

スポーツなど長年腰を酷使した50代以上の人に発症することが多く、

60代では5人に1人の割合で発症すると言われていますす。

《2010.9.25 》

関連エントリー
スポンサードリンク
  

特設コンテンツ

サイトマップ   Top   運営者にメール   プライバシーポリシー
バイト