スポンサードリンク

下腹部痛 腰痛

下腹部痛や腰痛がある場合

「腰が痛い」とともに「お腹が痛い」というのは身体からのひとつのサインと考えられます。
それも、「お腹のどこが痛むのか」「どんなふうに痛むのか」も、体内の異常を知る上では重要なヒントになります。

さて、下腹部痛の場合はどのような異常が考えられるでしょう。
下腹部というエリアからすぐに考えられるのは、膀胱や大腸、尿管の異常です。
病名でいうと、腸炎、S字結腸捻転、急性膀胱炎、慢性膀胱炎、虫垂炎〈右下腹部〉、潰瘍性大腸炎、虚血性大腸炎、クローン病、大腸憩室症、大腸がん、過敏性腸症候群、尿管結石などです。

また、女性の場合はさらに選択肢が増えます。
下腹部には子宮や性器があるからです。
考えられる病名は、子宮付属器炎、子宮筋腫、子宮頸がん、子宮体がん、月経困難症、切迫流産、子宮外妊娠、卵巣腫瘍などです。
一方、男性も前立腺の異常が考えられます。

上記のような病気の場合、下腹部痛だけでなく腰痛も一緒に感じることも少なくありません。
人によっては腰痛のほうがつらく感じるケースもあります。
そんな時は、腰関節の器質的な異常からくる痛みではないので、「湿布を貼っておけば治る」というものではありません。
腰痛しなかくても、それが激しく続き、しかも熱が出ているのならば、内臓の異常を疑い、すぐに診察を受けるべきです。
お腹の中の異常は、「その表面」がそのまま痛くなるとは限らず、痛みが他の部位へ飛ぶこともあるので注意が必要です。

いずれにせよ「ガマンできないほど痛い」という時には、誰もが病院へ行くでしょう。
むずかしいのは、「ガマンできるほどの痛みだけれど時々ある」「鈍痛が長く続く」といったケース。
もしかしたら内部でナニかが進行しているかもしれません。
ムリはせずに早めに診察をうけましょう。

もし、内臓疾患がなく、婦人科系の病気もないのであれば、骨盤のねじれや傾斜が原因の場合もあります。
川井筋系帯療法治療センターの川井太郎院長によれば、


婦人科系臓器(子宮、卵巣)は、骨盤の中で筋肉などによって固定されていますが、「骨盤の歪み」があると、骨盤内で筋肉の緊張や引っ張り合い、圧迫が生じます。
そのため、膀胱や子宮、卵巣が圧迫されたり、自律神経伝達や血液循環が阻害されたりして、生理不順や生理痛、不正出血、下腹部の痛みのほか、膀胱炎、頻尿、残尿感、腰痛などの原因になるのです。

ということです。
その場合は、投薬といった対処療法よりも骨盤のゆがみを矯正することが効果的とされます。
ただ、自己診断はリスクがあるので、信頼できる専門家に見てもらうのが賢明です。

スポンサードリンク
  

最近のブログ記事

特設コンテンツ

サイトマップ   Top   運営者にメール   プライバシーポリシー
バイト