スポンサードリンク

妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛の原因

妊娠中の腰痛の原因は?

妊娠中腰痛の原因は、大きく分けて2つあります。

一つは、妊娠に伴うホルモン分泌の影響によるもの。

もう一つは、お腹が大きくなることで重心が変化し、

筋肉の疲労を回復しにくくしたり、関節への負荷が強まることによるものです。

妊娠中のホルモンの影響で起こる腰痛

  妊娠によるホルモン分泌の影響で、靭帯が緩み、

  妊娠前よりも関節が不安定な状態になる可能性があります。

  妊娠をすると「リラキシン」というホルモンの分泌が盛んになります。

  赤ちゃんが生まれるためには、狭い骨盤を通過しなくてはなりません。
 
  骨盤の靭帯を緩ませ、赤ちゃんがスムーズに降りてくることができるように
  
  作用するのが、このリラキシンというホルモンです。

  靭帯は関節を支えていますが、この靭帯が緩むと支えが不安定になり、

  その周囲の筋肉が硬く緊張してしまいます。

  骨盤周囲や腰部、股関節に関わる関節が不安定になり、

  結果的に腰痛の発症へ繋がると考えられています。

  リラキシンは、妊娠初期から分泌されるため、

  お腹が大きくない時期にも、腰痛を起こす可能性があるということになります。


妊娠による姿勢変化で起こる腰痛

  お腹が大きくなり、姿勢に変化がでることで、

  体の動かし始めに腰痛が出たり、姿勢の保持がつらくなることがあります。

  お腹が大きくなるにつれて、重心のバランスを保つために、

  自然と腰を反らせたような姿勢になります。

  すると骨盤の傾きにも変化が生じ、腰椎や腰を支える筋肉の負担が増加します。

  このような姿勢になったとしても、腰痛にならない妊婦さんもいますが、

  妊娠前から腰に問題があった人は、腰痛を再発する可能性があり要注意です。

  腰痛の他にも、足の付け根やお尻の痛み、

  太ももの方へのしびれなどを訴えるケースもあります。


妊娠中の腰痛対策法・予防法

まず妊娠前、妊娠後ともに、なるべく体を動かし、血行不良を改善していくこと。

腰痛の発症や悪化には、腰を支える筋肉の血行不良が関係します。

その部分は筋肉の働きが悪くなり、腰部の筋肉疲労も回復しにくくなります。

ですから可能であれば、妊娠前から適度に体を動かし、

腰を支える筋肉の血流を良くしておき、疲労をためない状態にしておくのが第一の予防法です。

また、妊娠後もできるだけ運動不足にならないように体を動かし、

心もリラックスできるように心がけ、腰・背中の筋肉が緊張しにくい環境を

作ることをおすすめします。

病院で推奨しているような、妊婦さん用のサポートベルト・帯などもあります。

そういったアイテムを利用することで、関節の不安定性をサポートし、

腰痛予防や痛みが緩和するケースもあります。

ただし、サポートベルト類はあくまでも一時的なものと考えてください。

当たり前のように毎日やり続けると、体は筋肉が必要ないと判断して、

筋肉が弱くなってきてしまいますので注意が必要です。

トコちゃんベルト
プレママになったら...トコちゃんベルト

スポンサードリンク
  

特設コンテンツ

サイトマップ   Top   運営者にメール   プライバシーポリシー
バイト