スポンサードリンク

坐骨神経痛の治し方

坐骨神経痛の治し方

座骨神経痛なったらどうする?

基本的には無理しないで安静にします。

痛みはじめたら、一番痛みが少なくなる姿勢を保ちましょう。

そして、痛むことろを温めます。決して冷やさないようにして下さい。

食生活から見直し、カルシウムやビタミン類の豊富な食物をとるようにしましょう。

コーヒーやたばこなどの刺激の強い飲食物はなるべく摂らないようにしましょう。

 
治療法ですが 軽い症状の場合は『保存的療法』、

重い症状の場合は『外科的療法』を行なうのが一般的です。

保存的療法とは手術を行わず、

「理学療法」と「生活改善指導」によって行うことです。 

「理学療法」とは、コルセットなどの装具やシップ、

運動療法などの治療法のことです。

「生活改善指導」はその名のとおり、生活をおこなう際に、

どのようなことが、腰に負担をかけるかなどを、指導してくれます。


それでもダメなら、「薬物療法」や「神経ブロック療法」を行います。

「薬物療法」では 消炎鎮痛剤などの薬物を使います。 

「神経ブロック療法」では、麻酔薬を痛みのある神経に注射してブロックします。
 

外科的療法とは?

外科的療法とは手術のことです。

下記のような症状がでてきたら 手術の可能性があると考えた方がいいです。

1、歩くと足が痛くなったり、しびれがきたり・・・
  休むと痛みがおさまり歩けるよう。でも、また痛くなって・・・・繰り返す
2、足がマヒするときがある。
3、足の筋力が衰えてきている。
4、おトイレで用をたすのが 大変になった。


以上が一般的な病院で行われる事です。

しかし、その他にも様々な方法があります。

それは対症療法ではない根本治療の世界です。

器具を使うもの、筋肉に主眼を置くもの、血行不良を改善していくものなど。

様々なです。色々と調べてみると自分に合ったものが見つかるかもしれませんよ。


スポンサードリンク
  

特設コンテンツ

サイトマップ   Top   運営者にメール   プライバシーポリシー
バイト